美術工藝・割烹食器
九谷焼上出長右衛門窯.png

online shop



はじめての方へLinkIcon会社概要LinkIcon支払方法・送料についてLinkIconお問い合わせLinkIcon

KUTANI SEAL とは

2009年に九谷焼窯元・上出長右衛門窯と日本のものづくりをプロデュースする丸若屋が立ち上げたワークショップブランドです。クタニシールは「九谷焼をみなさんの身近に」をテーマに転写技術を使ったワークショップと製品を企画しています。

kutanisealr.gif
KUTANI SEALホームページはこちら

九谷焼の転写技術とは

九谷焼は本来、職人が筆で絵を描くものですが、あらかじめ印刷された文様をシールのように器に貼付け、製品を量産する技術があります。低コストで職人による絵付けを再現することが出来ますが、逆に転写にしか出来ない表現の可能性もあります。それを使って遊んでみようというのがクタニシールなのです。

九谷焼とは

石川県の南部で作られている焼き物。九谷五彩といわれるガラス質の美しい絵付けが特徴です。360年前に大聖寺藩の下で焼かれましたが、50年で廃窯。約100年後に再興され現代に至ります。ミステリアスな歴史を持つ伝統工芸です。

KUTANI SEAL/クタニシール

企画プロデュース:丸若屋
運営・製造:上出長右衛門窯
シール作画:上出惠悟