美術工藝・割烹食器
九谷焼上出長右衛門窯.png

online shop



はじめての方へLinkIcon会社概要LinkIcon支払方法・送料についてLinkIconお問い合わせLinkIcon

ハイメ・アジョンとは

アーティスト・デザイナーとして活躍するハイメ・アジョンは、1974年にマドリッドで生まれました。
10代の頃は、スケートボートやグラフィティ・アートに熱中し、彼独特の大胆で個性的なスタイルを確立しました。その後、工業デザインをマドリッドとパリで学び、1997年に「ベネトン」のコミュニケーション・リサーチ・センターである、「ファブリカ」に参画。ベネトンの広告でも有名な写真家であり、イメージメーカーでもあるオリビエーロ・トスカーニ氏らと共に働きました。すぐに、生徒からデザイン部門を統括するトップに抜擢され、店舗からレストラン、展覧会やグラフィックなど、多岐に渡るプロジェクトの指揮を執りました。
8年後、デザイナーズトイや陶磁器、家具のコレクションの展覧会をロンドンのデヴィット・ギル・ギャラリーで開催し、サーカスの影響を受けたような彼の世界観や、「地中海のデジタル・バロック」と呼ばれる創造性が大きく開花しました。また、この展覧会はフランクフルト、バルセロナ、パリ、クアラルンプールでも開催され、好評を博しました。これらのコレクションをきっかけに、アート、デザイン、工芸など、様々な分野においてボーダーレスに活躍するクリエイターとして、ハイメ・アジョンの名前は広く知られることになりました。
その後、「アート・キテクト社」からバスルームコレクションを、「エスタブリッシュド&サンズ」、「BD バルセロナ・デザイン」、「モーイ」 から家具を、「メタルアルテ」、「スワロフスキー」から照明を、「バーンハート・デザイン」からテキスタイルを、「ハイパー・エドシック」 からシャンパンバスケットを、「ガイア&ジーノ」 からは花瓶を、「ボーザ・チェラミケ」 からはオブジェを、「ビザッツァ」からはタイル等を発表しています。
代表的なプロジェクトとしては、「バカラ」から壺や照明を発表し、有名なクリスタルブランドに陶器やプラスティックの素材をミックスするという画期的な試みを行いました。また、2006年から現在もスペインの磁器ブランド、「リヤドロ」のアートアドバイザーを務めており、自身のコレクション「ザ・ファンタジー」を発表すると共に、ブランドのアートディレクターとして活動しています。



CHOEMON767.jpg「この10年間、数多くのデザイン関係者や大手磁器メーカーと仕事をしてきましたが、上出長右衛門窯を中心とするこのプロジェクトチームとの共同作業は、まるで初心に戻ったかのような楽しい経験になりました。伝統を辿りつつも新たな発見と学びに満ちた、素晴らしい挑戦に敬意を表して」                             ハイメ・アジョン